teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ブランドセール激安市場スーパーコピーブランド通販(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:kyonメール  投稿日:2007年12月 3日(月)21時23分45秒
  miloさん
ファンに上も下も、資格も三角もありません。
全作観ていようが、一作しか観ていなかろうが、彼の作品を観て「よいなぁ」と思った人は、みんな等しく彼のファンですよん。

「Paljon kiitoksia」は「パルヨン キートクシア」と読んで「どうもありがとう」というお礼の言葉です。

http://www.flickr.com/photos/lively_kyon/sets/

 
 

頭が下がります

 投稿者:miloメール  投稿日:2007年12月 3日(月)18時53分52秒
   kyonさん
 お話によると、かなりのカウリスマキファンですね。さすがですねえ。僕なんかこんなところに書き込みする資格ないですね。
 カウリスマキの映画の登場人物たちも、勘違い人間がよく出てくるので、僕もそれに乗じてわがままに書かせていただいてますが、ちょっと自省しないといけませんかね。
 ちなみに、僕は知らないので教えていただきたいのですが、Mattiの死因は何だったんでしょうか?体の弱い方だったんでしょうか?何も知らなくてごめんなさい。
 お墓参り、是非行って下さい。その報告を楽しみにさせて頂きたいと思います。
 ごめんなさい、恥の上塗りですが、僕は語学なんてテンでダメで、
 Paljon kiitoksia
 ってどういう意味なんでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:kyonメール  投稿日:2007年12月 3日(月)00時23分44秒
  miloさん
東京ではロードショーは終わってしまいましたが、いわゆる「名画座」といわれている映画館での上映が始まっています。

「マッチ工場の少女」切ないです。。。
私は「パラダイスの夕暮れ」と「愛しのタチアナ」が特に好きです。
(あ、レニグラシリーズは別格で!)

ネットでMattiのお墓の写真を見つけて、撮影した方に場所を尋ねたらとても丁寧に(何列目の何番目まで)教えてくれました。
いつか絶対にお墓参りに行きます。

余談ですが、教えてくれた方に「Paljon kiitoksia」って書いたらものすごく感激されました。
ちょっとした交流が始まったりしています。

http://www.flickr.com/photos/lively_kyon/sets/

 

(無題)

 投稿者:miloメール  投稿日:2007年12月 2日(日)17時25分14秒
   そちらでも、「街のあかり」上映されてますか。
 個人的には「白い花びら」とか、「マッチ工場の少女」とか、見たことない映画もあったので、それも見たかったです。
 現在、カウリスマキの映画特集の知らせのチラシをコースターにして飲んでおります。
 カウリスマキ映画について考えつつ飲むのもおいしいです。
 

街のあかり

 投稿者:kyon@携帯  投稿日:2007年12月 2日(日)14時40分21秒
  『街のあかり』、二番館で上映され始めましたね!
既に劇場で二回観ていますが、また観てしまいそうです。

『アイアンカウボーイズ~』、シュールな展開に目がくぎづけでした(笑)。
 

続いてで暑苦しくて恐縮ですが

 投稿者:miloメール  投稿日:2007年12月 1日(土)14時05分27秒
   今日、カウリスマキの「街のあかり」を再見してきました。
 カウリスマキ・ファンクラブ幹事として(誰が決めたの?)責任を感じつつ(何背負ってんの?)客層を知ろうと客席を眺めたら(変なおっさんじゃない)、結構老若男女、にぎわっていました。満員御礼ではなかったけど、リヴァイヴァルでこれだけはいれば結構いいほうじゃないかと思いました。
 映画そのものは、皆さんご存知、見ていてゴダールの「カルメンという名の女」に出てくる台詞
 「孤独が僕を僕の親友にした」
 が蘇ってきました。
 次作はぜひとも明るく楽しい、カウリスマキ調のコメディをお願いしたいなあと思いました。
 

みっともないですが

 投稿者:milo  投稿日:2007年11月30日(金)19時04分41秒
   失礼いたします。キョーコさんの御大の好きな映画として「晩秋」が出ていましたが、これはひょっとして「麦秋」か「晩春」のどちらかではなかったでしょうか?僕もうろ覚えで、はじめ見たときは、
 (ああ、あるある)
 と思ったのですが、しばらく楽しくこのページを思い出しているうちに、ふと、思い当たりました。
 自分もうろ覚えの癖に、人の揚げ足をとるような行為は恥ずかしいと思わなくてはいけないのですが、僕は「麦秋」は見たことがあったんですね(いい映画でしたよ、ってそういう話題じゃないか)。でもってその記憶(なんせかなり大昔なもんで)も再び蘇って来たという次第です。
 そうですか、カウリスマキは「麦秋」のファンだったんですか、知りませんでした。
 揚げ足取りごめんなさい。
 

DVD情報

 投稿者:Jun  投稿日:2007年11月29日(木)21時57分47秒
  ありがとうございます。
早速予約しました。
今日は「アイアン・カウボーイズ・ミーツ・ゴーストライダー」が届きました。
お正月にゆっくり鑑賞します。^^
 

「街のあかり」DVD

 投稿者:タカコ  投稿日:2007年11月29日(木)18時28分5秒
  12/21発売予定のようですね♪  

ありがとうございました

 投稿者:milo  投稿日:2007年11月27日(火)18時56分36秒
   kyonさんもどうもありがとうございました。そうですか、やはり車が少ないんですね。でも、駐車車両はあると言うことは、車が少ないわけでもないんでしょうか?
 フィンランドのお写真拝見させていただきました。確かに車がたくさん留められそうなところに、少しだけ車が映っている写真がありますね。ありゃ寂しいと言えば寂しいなあ。
 どうもありがとうございました。また、酔狂な質問をしでかすかもしれませんが、そのときもよろしくお願いいたします。
 

出遅れました

 投稿者:kyonメール  投稿日:2007年11月27日(火)12時33分41秒
  10月にヘルシンキに行きましたが、KEIさん、キョーコさんが仰っているように本当の市内中心部はそれなりに車が走っていましたが、ちょっと離れると(例えば、カフェSuomiのあたりなど)は、殆ど走っていませんでした。
ただし、道端にとめてある車はそれなりにあったように記憶しています。

http://www.flickr.com/photos/lively_kyon/sets/

 

ありがとうございました

 投稿者:milo  投稿日:2007年11月26日(月)18時45分52秒
   KEIさんキョーコさんありがとうございました。
 そうですか、やはりあれは自然とそうなっているんですか。
(あんなに道が空いていたら、さぞかし気持ちよく走れるだろうなあ)
 と。自分の運転技術の拙さを棚に上げ、思ったりしたものでした。
 さて、今週は、私の住んでいる街の映画館では「カウリスマキのあかり」と言う企画特集で、カウリスマキの旧作含め、10本ほど上映されます。
 私は時間の都合で「街のあかり」を再見するしか出来ないのですが、それでも楽しみにしています。街の様子も、もう一度しっかり目に焼き付けたいと思います。
 こんな企画特集が組まれるくらいだから、カウリスマキって、もう十分メジャーな、超有名な映画人じゃないでしょうか?キョーコさんももっと自信もって、自虐的にならず、もっと積極的にやってくださってもいいのでは?(ってお忙しいか?)
 

ありがとうございます(^ω^;)

 投稿者:キョーコ@携帯  投稿日:2007年11月26日(月)12時43分57秒
  KEIさんありがとう!「横」レスなんて仰らずに、どぞどぞ。どなたがどなたにレスして下さっても大歓迎ですよ。ヘルシンキ互助会って感じでお願いします(笑)

ちなみに私が行った4回も、いつも同様の感想でした~
 

横レスですが

 投稿者:KEI  投稿日:2007年11月26日(月)01時40分6秒
  私が行った時の感想です。
中央駅付近や、カウッパトリのあたりはさすがに人も車もそれなりに多い(とはいえ、東京よりはだいぶ少ない)ですが、そこから少し離れると、人も車もグンと減ります。
特に、映画の舞台になる西地区は最近まで工業地帯だったこともあり、人が集まるような場所もまだあまりないので余計にそう見えるのではないでしょうか。
 

質問させてください

 投稿者:milo  投稿日:2007年11月21日(水)17時21分50秒
   よろしくお願いします。一つ映画を見ていて、素朴な疑問が起こったので、ここに書かせていただきます。どなたか教えていただけると嬉しいです。
 「街のあかり」楽しく鑑賞したのですが、あの映画に出てくる街の風景が、どれも車の数が少ないのが気になりました。そこで質問ですが、フィンランドの町は、道路の舗装はされていて、都市化は進んでいるけれども、車の台数は少ないのか?それとも、あれは、カウリスマキの演出で「孤独感」を出すためにあえて車の数も抑えたのか?
 なんとなく街の様子が寂しげに思えたのですが?
 どなたか教えていただけると嬉しいです。
 

それぞれのシネマ

 投稿者:KEI  投稿日:2007年11月21日(水)00時13分20秒
  のアキ編で上映されていたのは、『工場の出口』というタイトルで映画を発明したリュミエール兄弟が撮ったもの。
世界最初の商業映画といわれています。
本当に最初のシーンから見事にアキワールドでしたね。
DVDはフランスでは出ているようですが、日本でも出してくれるかな…

http://blog.livedoor.jp/driftingclouds/

 

天高く○○○えるアキ♪

 投稿者:キョーコメール  投稿日:2007年11月20日(火)23時47分51秒
  上記の○○○にはお好きな文字を。例:ギザ萌える。決して「益々肥える」等とは入れないように(笑)

と言う訳で、お久しぶりです!またまた永らくの放置プレイで申し訳ありません。アキも深まり過ぎて
御大の愛する小津安二郎監督の映画の様に『晩秋』(←ってあるよね?:汗)になってしまいましたね。

>タカコさん・Junさん・kyonさん
まとめてしまってゴメンナサイ。沢山の情報ありがとう!そしてご質問にお答えできないなんちゃって
管理者で申し訳ない(泣)でも皆さま独自に暗躍、もといファン活動を展開されてるようで何よりです♪
いまや情報収集の手段は色々。でもこれからも「雑記」がしたくなったらお気軽に書き込んで下さいね~

>mikiさん・Michikoさん
こちらもギザウラヤマシス組ってことで一緒レスでご容赦。『それぞれのシネマ』行かれたんですね!!
これも『10ミニッツ・オールダー』の様に商品化されるのかな?見たいよ~!3分間って映画というか
映画の予告編とかPVとかの長さだよね。そのたった180秒で自分の世界を成立させるとは流石... と、
ここまで書いて日本触媒のCFを思い出しました。ああ、確かにアレは正しくアキ・ワールドだったよね。

>miloさん
はじめまして!ではなくお久しぶり!と言うべきかな。袖振れ合うも多生の縁、混沌のネット界での再会
私も嬉しゅうございます。大昔って(笑)... と、ここまで書いてこのサイトを開設したのが1996年
なのを思い出しました。11年!うん、大昔ですね(笑)。そして最後に更新したのは確か...(遠い目)

んもうここはファンサイト界の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』または新横浜ラーメン博物館と思って時間の
止まった世界をお楽しみ下さい。自慢はどんな古いOSでもブラウザでもサクサク見られることかな(笑)
なんて自虐混じりの戯れ言ですが、私も今でもしっかりカウリマニアしてます。また遊びに来て下さいね♪
 

(無題)

 投稿者:milo  投稿日:2007年11月20日(火)19時07分12秒
   しつこく食い下がりますが、「ステーィーヴ図鑑」昔から全く変わっていませんねえ。必ずスティーヴ博士になろうと思っていたのに。  

それぞれのシネマ

 投稿者:Michiko  投稿日:2007年11月19日(月)21時55分52秒
  3分間という中、まあ好みもあるのでしょうが、よしあしがはっきりと出てしまう、
かなり作家としては厳しいものなのではないか、と思いました。
で、もちろん3分間でも見事にアキ・ワールド、でした。
 

はじめまして

 投稿者:miloメール  投稿日:2007年11月19日(月)19時42分54秒
   ごめんなさい話題関係なく割り込みます。
 このページ、大昔に、ちょくちょく覗いていたんですね。でもって、kyokoさんからはその頃メールのお返事いただいたりしたのですが、しばらく、PCが変わったりして、ごたごたしているうちに、ここへ行けなくなってしまい。昨日、偶然見つけて、久しぶりに見せていただきました。
 こんな書き込みの出来る場所なんてあの頃はなかったですね。懐かしくも嬉しいひと時です。
 これからもちょくちょく覗かせてください。そして、書き込ませてください。
 「街のあかり」見ました。もうちょっと明るくして欲しかったなあ、あのラストじゃ、果たして主人公が本当に復活できるかよくわからない感じがしました。
 

レンタル掲示板
/30