teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:120/932 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:とおりがかり(i)  投稿日:2009年 6月 2日(火)13時25分10秒
  通報 返信・引用
  DHCPが持っている「PCデータベース」は実装によりますが、通常は振り出したIPアドレスとそれに対応したMAC
アドレスをペアにして抱えてます。で、IPアドレスはこれまた実装によるのですが、ブリッジモードのルーター(
この表現は本来は間違い)であっても複数抱えていることがあります。ネットワークインターフェースが複数ある
わけですしね。
なので、「表に見える設定」以外に別のIPアドレスをDHCPによって振られちゃったりしてる事もあります。

DNSはキャッシュサーバーとコンテンツサーバーに大きく分けられ、多くのアクセスルーターはキャッシュサーバー
を実装してます。クライアントから名前解決を要求された時キャッシュで解決できれば答えて、答えられなければ、
上位サーバー(通常はプロバイダが指定するDNS、DNSはDHCPでも広告される。ネットワークPreferenceでグレー
になって見えるのは広告されているアドレス)に問い合わせて中継します。
「必要な時必要な物が」例えば、www.apple.co.jpというアドレスを調べるにはgTLDという一番下のアドレスを
管理している数十台のサーバーに「jpはどこに聞けばいい?」と尋ねると「jpはここに」と返事が来るのでco.jp
apple.co.jpと順次知ってるサーバーを繰り返し探して行って最終的に答えを貰います。キャッシュされないとルート
サーバーは大変ですね:-)。

どこかで上手く動くようになる事をお祈りします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:120/932 《前のページ | 次のページ》
/932