teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


四間飛車で勝ちたい

 投稿者:dhfhfh  投稿日:2010年 3月 7日(日)16時11分12秒
  四間飛車で勝ちたいと思うのですが、攻め方がよくわかりません。なので詳しく教えてください  
 

Maihaさん

 投稿者:mattメール  投稿日:2007年 8月 6日(月)13時53分2秒
  アドバイスありがとうございます。小学5年の娘も最近は、棋力(といえないまでも)が伸び悩んでいるようなので、この方法を親子でやってみまたいと思います。きっと劇的な効果が現われるような気がします。Maihaさんありがとうございます。  

(無題)

 投稿者:student  投稿日:2007年 7月16日(月)11時56分16秒
  アドバイスありがとうございます。
確かに私も序盤でつまずくとなかなか逆転できない場合が多いです。
序盤を徹底的に研究してみようと思います。
いろいろとありがとうございました。
 

matt さん

 投稿者:maiha  投稿日:2007年 7月15日(日)17時51分5秒
  20局並べてから腕試しなさるんですね。

自分ならこうするという一例を示しますので、もしよろしければご参考にしてください。
羽生善治の終盤術①は18局あります。
これを下記のミニ高速棋譜並べで18局を一挙に並べてしまいます。
これでも1時間はかかりません。9局ずつなら30分もかかりません。
これを1セットとして数ヶ月繰り返して続けてみます。(100セット)
そのうち時間を少し増やしてみたりとか、どの向きにしてても棋譜に素早く反応できる
かといった感じです。
羽生善治の終盤術だと2分で並べ切れなくても本でそのあたりからの解説で
補える感じなのでこのミニ高速棋譜並べと相性が良いです。
 

studentさん

 投稿者:maiha  投稿日:2007年 7月15日(日)17時42分38秒
  自分自身の経験から言えば、
①体が震えるくらいの感動をどれくらい味わえるか
ということと、あと
②序盤から仕掛けが一段落するくらいのところを徹底的に
研究しました。

それまでは途中少々悪くしても終盤勝負でまくれる(今から振り返れば甘えです)
という考えでしたし、それでよかったのですが
高段者相手になると少々悪くするとそのまんま挽回できないで終わるというケースが
非常に増えて考えを改めました。

四間飛車に対して右四間飛車使いの方がいて、この方にいったい何十連敗したのか
わからないくらいになって、自分自身でいろいろ研究してみて
それでもさらに上をいかれるの繰り返しでほんと鍛えてもらいました。
自分の中で自然と軽視してる部分は人によって違うと思いますが
自分の場合はここでした。
 

御礼

 投稿者:mattメール  投稿日:2007年 7月 9日(月)10時26分26秒
  以前、質問させて戴いた者です。ご丁寧な回答ありがとうございました。
これまで、詰将棋と定跡のうる覚えの連続でどうも序盤の終わりから中盤で折れてしまうような将棋ばかりで、もうダメかな・・・と思っていたところでした。
あれから、羽生の終盤術の一局目(まだそこまでですが)一生懸命覚えて、①通常②先後逆③横から④反対側の横からの4通りで並べられるように頑張っています。
まだ、怖くて24では試していないのですが、20局ほどこの方法で出来たところで
腕ためしをしてみたいと思います。
ただ、先日子供とさした時に、何故か(気のせいなのか?)手が見えるような気がしました。もしかすると効果が見えてきているのかもしれません。
ありがとうございます。
昔のアマ名人で天野宗歩の棋譜100局を全て覚えることと詰将棋のみが上達の秘訣と語っていた方がいましたが・・・きっとそれに通じるのでしょうね。
それから、以前NHKで将棋プロを目指している双子の兄弟が、森信雄先生のとこに行った際に棋譜並べを目の前でさせられていました。その時に「そんな並べ方じゃまだまだダメだ」と叱られていた場面がありましたが、きっとmaihaさんが提唱するスピードと記憶という部分と通じるのかもしれませんね。
 

質問です

 投稿者:student  投稿日:2007年 6月22日(金)12時51分50秒
  24でのRが2100を超えたらどういった勉強をすればいいんでしょうか?  

RE・質問です

 投稿者:maiha  投稿日:2007年 6月21日(木)20時38分31秒
  先手後手逆にして並べるというのは、
通常は先手側が手前なわけですが後手側を手前にして並べることです。
例えば▲7六歩は通常は手前側の角道をあける手ですが先手後手逆なら
向こう側の角道をあける手になります。(上下反転形です。)
横向きは通常の初期配置を90°回転した見方です。
飛車角逆というのは初期配置が左右反転した形です。
1つの向きからだけではなくどの向きで並べても素早く反応できるようにする感じです。

局数に関しては、まず、とにもかくにも、ある1つの感覚を会得することを目標にしてください。
その感覚とは、例えば寝る前にこの棋譜並べをしてそのあと
布団に入って目をつぶっても自分の意志とは関係なく
頭の中で勝手に盤があって駒が動いてリピートしているという状態です。
これがより早く、より鮮明になるにつれて自分でもびっくりするくらい棋力もUPしていきます。
まずは棋譜並べをしてみてこの感覚を体験できるかどうかです。
これさえ会得できれば道場2・3段程度(24で上級レベルですか)あれば100局程度をこなしていけば
R2000程度いくには充分です。
 

質問です

 投稿者:mattメール  投稿日:2007年 6月18日(月)15時04分31秒
  素晴らしい上達法の伝授ありがとうございます。早速週末から取り組んでいます。
そこで質問があります。maihaさんが書かれている方法ですが、先手後手を逆にして並べる、横に将棋盤を向けて並べる、ただ飛車と角の位置を換えて・・この意味がわかりません。これはどのようなことなのでしょうか?
早速、羽生さんの終盤術を並べていますが、maihaさんが言う「プロの1局を100回並べてみてください。これを100局行えば+400点はいきます。その繰り返しでR2100程度(24四段にいくかどうか)までは保障します。」ということですが、同じ100局を何度も並べるという意味でしょうか?それとも100局の次はまた新たな100局ということになりますか?この新たに100局に取り組まないと+400点は望めないという理解で宜しいでしょうか?
ご指南下さい。宜しくお願い致します。  matt
 

ミニ高速棋譜並べのすすめ

 投稿者:maiha  投稿日:2007年 4月11日(水)22時42分42秒
  あまり時間が取れないとか下記の方法では継続できそうにないという方には
ミニ高速棋譜並べをおすすめします。
これはタイマーで2分セットしてその間に何手まで並べられるかという方法です。
短い手数や、あらかじめ暗記した棋譜以外は最後まで並べられなくて当然ですが
そこで打ち切って次の局に進みます。

1時間で20局程度は出来るのでまず20局を
繰り返し並べてその20局がめどがついてから
次の20局をまた並べて、それで合計100局並べてからも
その100局をひたすら繰り返す感じです。
2分以内でより手数を多く並べられるになり
その間の手順ならほとんど覚えている段階になったら
次は時間をもう少し増やすとか先後逆で並べてみるとか
どんどん工夫してください。
2分なら駒を初期配置に並べなおす時間も含めて5局なら15分程度
10局を30分程度、1時間もあれば20局で、きりがいいと思います。
並び終えて、駒を初期配置に
並べ直している間も頭の中で振り返るなどして大事な時間です。
この方法は実戦譜だけではなく定跡書でも出来ると思います。
継続・反復が何よりの上達法です。
 

レンタル掲示板
/2