teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


登校日

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月31日(土)16時29分19秒
  早いもので、夏休みも2週間、3分の1が終わったことになる。
黒々と日焼けした41人(3人欠席)と会う。
今日1日、しかも1時間だけということもあって、連絡とか配布
物を事務的にこなして終わりで、久しぶりのホームルームがどう
とかいうことは一切なく、むしろテンでばらばらであった。
やはり、15歳を40人以上集めて自主的に集団行動をするなん
てことはありえないわけで、今日の状態が原始状態なのだろう。

ブログ、設置しただけで5人のアクセスがあった。不思議な感覚。

さて、それでは、東京に向かおう。
この日記も、ひとまず一区切り。
 
 

7月も終わり

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月31日(土)02時27分36秒
  カステラを持って、演劇の連中の陣中見舞いに行ったら、けっこうがんばって
脚本を書いていて、もうほとんど完成していた。2時間の脚本をほんとうに
5分の1にしてしまった。やつら、すげえ。
もっとびっくりしたのが、キーボードを打つ早さ。
なんでか、と思ったが、すぐに謎が解けた。
仕事が一段落して、ワイヤレスでネットにつないでボンバーマンが始まって、
その早いこと早いこと。爆弾置きながらチーム戦しながらチャットもするのね。
そりゃ、早くなるわ。
歴史上もっとも人類が文字を書く時代、というのも、納得。

この日記も、もうすぐ100件になる。
消すのも惜しいので、移行を検討中。
とりあえず、8月からは下記に移ろう。ブログは書き込みがアナウンス
されるから、不特定多数が見にくるおそれがある。不都合が出れば、
また地味に掲示板に戻ることにしたい。

http://wind.ap.teacup.com/kodamac/

 

国立国会図書館

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月30日(金)00時40分57秒
  今日は学校に生徒が来ていたのだけれど、さぼって一日国会図書館関西館に
こもることにした。うちからは2時間弱かかる上に、朝のんびりしてしまった
ので、着いたらもう昼前であった。実質的には6時間半ということになるか。
関西館は、あまりの立地条件の悪さゆえに、がらがらであった。それでいて、
資料は東京と比べても遜色ない。それに何より、きれい。建築としても非常に
よくできているので、気分がいい。電子ジャーナルやデータベースも充実して
おり、コピー代が1枚25円だとしても、東京に行くことを考えたら安いもの
だ。論文のダウンロード、朝日新聞や大宅壮一文庫などのキーワード検索を
していたら、あっという間に一日が終わってしまった。そういう意味では、
京都という土地は、東京以外では、日本中のどこよりも恵まれているのかも
しれない。これに京大図書館を加えれば、かなりのことはできるのではないだ
ろうか。(とはいっても、東京の優位さはびくともしない。)
さて、検索はしたものの、問題はこれをどう整理するかであって、時間は
どんどんなくなっていく中で、見ないといけない資料は逆に増える一方である。
どうしたものか、どこで見切りをつけるべきものなのか、とんとわからず頭を
抱える。
いよいよ明後日から東京。勝負の2週間。

ニュース23で、精華町の小学校のヤンキー先生がよさこいソーラン祭りに参加
するドキュメンタリーをやっていた。北星余市の本家ヤンキー先生だの、横浜の
夜回り先生だの、そういう系が今は求められているのだろう。たしかに、テレビ
ドラマの教師像も、青春熱血先生から、GTOやごくせんにシフトしてきている
のは事実。教師だけではなく、弁護士だって、俳優だって、元ヤンがトレンドの
ように思われる。
なんでだろうかね。
 

ただいま。。。

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月29日(木)00時14分12秒
  ふぅ。
とりあえず、生徒がいないので、あいさつと打ち合わせと本隊の動きの
確認をして、あとは食べて飲んで温泉に入って、してまいりました。
とはいえ、つかれたつかれた。
 

出張です

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月26日(月)01時18分39秒
  明日から出張で、修学旅行の下見に九州に行きます。
集団行動が大嫌いな男に下見させるなんて、出張報告に
「修学旅行なんてやめましょう!」って書いて出して
やろうかね。。。

というわけで、行ってまいります。
 

もやし炒め

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月25日(日)10時53分51秒
  昨日は午前中は中学の練習に、午後からは高校の練習に、
コートに立っていたので、さらにこんがりしてしまった。
昨日はさらにボールも少し持ったものだから、ぐったり
してしまった。この3日で、すっかり別人種になった気分。
去年1年分の日光を浴びた感じ。もやしっこよ、さようなら。
散髪に行くと「どこ行ってきたんですか?」と聞かれ、
「仕事なんですわ」と答えると「???」な顔をされる。

夕方、ぐったりしてるところへ、事務室に校長会からまわって
きたサッカーの無料招待券が大量に余っていたので、いかな
いかということになった。4人で繰り出して、ビール片手に
観戦する。うち2人はサッカー観戦が初めてだったのだが、
次第に大騒ぎを始めた。サポーター席にはレプリカに身を固めた
卒業生が(最低)2人いて、めざとく見つけて挨拶に来た。
先制するも追いつかれ、苦しい展開だったが、後半のメンバー
交代が的中して勝ち越し、そのまま逃げ切った。
ボルテージは最高潮に達し、そのまま飲みに突入。
爽快な夜であった。
 

高校野球はあまり好きではないのだが

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月23日(金)23時42分45秒
  高校野球部が4回戦に進出して市内の球場に戻ってきたので、
朝から応援に行ってきた。相手はシード校で、前評判はやや
不利だったのだが、試合の方は先制するも、エラーがらみで
失点して逆転、そのままずるずると得点されてゲームセット。
このチームは昨秋あと1勝で甲子園というところまで行った
だけに、なんだかあっけない幕切れという感じであった。

試合開始のサイレンも、いちいち入る場内アナウンスも、試合
後の校歌斉唱と校旗掲揚も、なんだたかがベスト16で(もっと
いえば1回戦から)こんなたいそうに、と思うし、もぎりの
他校の生徒が直立不動であいさつしてくれるのは気持ち悪い。
知ってる生徒がいないことには、近寄りたくもない。
また、保護者やOBの組織、コーチ、応援団などなど、高校
野球のどこが「学校のクラブ活動」なんだろうとつくづく思う。
たしかに夏の全校的イベントなのはわかるが、だからといって、
あれだけ大掛かりかつ学校のクラブ活動の枠組みから大きく外
れて存在する組織をいつまで学校の枠内に置いておくつもりな
のだろう?

国体が高知県知事の鶴の一声で簡素化されたように、どこかの
県の代表が、「うちは他のクラブ活動の全国大会と同じ扱いし
かしません」と宣言して、好きな生徒が勝手にスタンドで応援
して、とっとと帰る、みたいなことやってくれないものか。

それにしても、夏休みは、「いるだけ」という仕事が多いのは、
精神衛生上よくない。
 

逆パンダ

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月22日(木)22時03分47秒
  今日は中学の夏季大会。
朝の9時から4時まで、逃げ場のないグランドにいて、ベンチに入ったり
審判したり、本部のテントでちょっと休憩したり、アップしている生徒
の方に行ったりしていた。
他校の先生に「先生、真っ赤やね~~。グランドに立ってないの、ばれ
ますね~~」・・・すいません。今年は勘弁。
「焼けた」といえば聞こえはいいが、要は火傷をしたわけで、けっこう
カラダがだるい。
 

あぢい

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月21日(水)22時39分25秒
  この仕事をしていて得なことというと、夏休みにはポロシャツと
短パン、サンダル履きで職員室にいても許される、ということだ
ろう。ワイシャツとネクタイ、時にはスーツを着て汗だくになって
やってくる営業さんを見ていると、申し訳ない気がする。
というよりも、人間の体温よりも暑い中、あんな殺人的な格好を
強要する方が、人間として間違っているように思うのだが。

サラリーマンに聞いたら、役所に出入りするときにはあの格好で
ないと、と言い、官僚に聞いたら、政治家が、と言い訳し、政治家は
有権者の目を気にする、ということは、誰かがどこかで率先して
「虚礼廃止」すればいいわけで、政権公約にする政党が出れば、この
あいだの参院選でも少しは票になったのではないのか?

しかし、どんな格好をしていても、この仕事は、夏休みに炎天下の
引率、という過酷な労働をせねばならぬ。このくそ暑い中で運動を
させようという発想は、とっととなんとかしてほしいし、医学的にも
悪いに決まっている。それを止められないどころか、「熱闘甲子園」
とか称して若さの象徴にしてしまうメディアもどうかと思う。
夏期休暇中は日中の運動部を全面禁止して、夜間の市民スポーツ活動に
学校設備を開放し、運動したい生徒はそこに入るようにするといい。

ともあれ、エアコンが嫌いで、この季節にはいつも自律神経を痛める
者としては、なんとかならないかと思う次第。

そんなこんなで、涼しい部屋で映画なんか見たい、という不純な動機で
「映画で学ぶ現代社会」という企画をでっち上げて、視聴覚教室を占拠
してしまった。
「ラストサムライで学ぶ武士道」、「13デイズで学ぶキューバ危機」、
「JSAで学ぶ朝鮮半島情勢」のとりあえず3本立て。

キャラメルボックスが2時間で上演した台本を、今、文化祭用に45分に
縮めようとして、難儀をしている。今日やっと、「迷ったら斬る!!」の
合言葉のもと、15幕の台本が5幕に圧縮されたが、随所に張り巡らされた
伏線の処理に困っている。なかなか難しい。。。
 

生活のリズム

 投稿者:こだま  投稿日:2004年 7月20日(火)09時29分48秒
  生徒に向かって「規則正しい生活を送るように」なんてえらそうなことを
言っておきながら、自分がリズムの崩壊に苦しんでいるのは恥ずかしいやら
なさけないやら。
授業はある意味、1週間の生活パターンを拘束していたのだが、それがなく
なり、出勤時間もいわばフレックス。ときどき試合や研修や出張が入るから
生活パターンはばらばらになるので、こんなときこそ、きちんと朝起きて、
夜もいつもどおり寝るようにしないといけないのだけれど、やっぱり緊張感
が足りない。
「夏休みにはがんばるぞ」と先送りしてきた課題がたくさんあるのに、いざ
夏休みに入ると、今度は「あと何日あるから」とまた先送りをしてしまう。
こんなんじゃあなぁ・・・。

さて、今から出勤。
 

レンタル掲示板
/10