teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:4/392 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ミイラ取りがミイラになった沖浦と阿部日

 投稿者:無名塾  投稿日:2012年 8月29日(水)01時00分55秒
  通報
  >あの板は、同志間でのコミュニケーションはとっくの昔に無くなってしまいましたが、
>法華コーとの対話が未だ続いています。阿部ヒさんが信念に基づき続けているようだです。




法華講の対話で思い出したのだが、沖浦が法華講叩きに勤しみ、
樋田との法論対決で富士ボーで絶賛されていた絶頂期の頃、
沖浦の本質を鋭く見抜いていた人もおったんだよね。

いまさらだとおもうが、法華講などというガキ相手が、丁度似合っている

法華講の坊ちゃんたちと遊んで暮らせや

まさか、この翌年になって沖浦が法華講の連中と本当に遊んで暮らすまでに
なってしまうとは予想外の出来事だったがw

沖浦に向けていたあきれたよ氏の捨て台詞は、法華講叩きの沖浦を妄信していた
阿部日の首までもバッサリ切り落としてるように見えるw



創価学会をみんなで考えよう(臨時板)
金原明彦著「日蓮と本尊伝承ー大石寺戒壇板本尊の真実」のスレより


49 : 沖浦克治:2007/08/29(水) 19:13:35 ID:CaxiP.gk0
 先日も書き込みましたが、生まれてこられ、御一生を末法の御本仏として生きられたこと自体が、出世の御本懐だと思います。

 何か特別な事実のみを限定し、出世の本懐と定義する必要を感じません。



52 :あきれたよ:2007/08/29(水) 20:33:29 ID:kWUtVbds0
根拠のない悪口ならいざしらず、根拠があって言ってんだよ。
沖浦説は、ことごとく矛盾なのだということの一端を俺は明示したんだ。
いかに沖浦の思索が油断だらけで間の抜けたものであるかということは明白。
それをこのボケナスは、自説の撤回も反省もコメントも、なにもしようとしてないだろ。
ようするに、逃げた、開き直ったということだ。
自説の矛盾を認めたくないだけなんだよ。
えらそうにしているが、結局てめえより格上がでてくると、簡単にこうなるわけなんだよ。
いまさらだとおもうが、法華講などというガキ相手が、丁度似合っている。
良観や道隆なんかも大聖人がでてきて大悪人となったのだ。
大聖人さえでてこなければ、歴史には善人として刻まれていたであろうとは、牧口先生の言。
佐渡御書の最後の文章はまさしく沖浦のためのものだ。
蛍火、蟻塚、井江、カササギなんだな、こいつは。
牛の角のハエだってよ(笑) 自分のことを言ってるんだよ(笑)
こやつが、時系列で明白などという戯言を今後も言おうものなら、それは、完全に自分で自分を愚者だと証明したも同然なんだよ。
根本的に、御本尊とは何かも、生命とは何かも分ってないんだよ。
それでえらそうにしてるが、法華講相手だから何とかなってるだけでね、
創価の中の本物相手では、そういうニセモノは通用しねえということなんだよ。
法華講との戦いなんかはもう終ってる。 すでに決着はついている。
これからは、沖浦のような創価のなかのゴミを掃除する時代だ。
沖浦のような中小善は大善に反すれば大悪なんだと思い知る時がもう目前なんだよ。

挙句の果てには、>>49 のような馬鹿レスじゃんけ(笑)
釈迦は寿量品を説かなけりゃ釈迦じゃねえんだよ。 摩訶止觀を説かなけりゃ天台は天台じゃねえんだよ。
迹門戒壇建立にならなかったら、伝教は伝教じゃねえんだよ。本懐27年だよ。御本仏自らがそう言ってんだ。
それを「必要を感じません」だと(笑) こんな師敵対の言葉があるだろうかね(笑)
こんな仏法のイロハも分らんで、よくまあ>>49のような戯言が言えたもんだ。



53 : 沖浦克治:2007/08/29(水) 21:06:24 ID:CaxiP.gk0
 あきれたよ君

 君ね、序の口が横綱と相撲とれるかね??

 私と話したければ、前頭筆頭程度の実力をつけておいで。

 以上、申し付けました。



57 :あきれたよ:2007/08/30(木) 02:47:55 ID:43V.TXJM0
沖浦よ、 横綱をみたことがないやつが、えっらそうに何を言ってんだ?(笑)
本当の横綱というのは、お前の想像を絶する力を持っているのだ。
ええか、思索不足の指摘になんもコメントできねえうちは、お前の話などは、ただのゴキブリの
寝言なんだよ。法華講の坊ちゃんたちと遊んで暮らせや。
生きてたことそれ自体が仏の出生の本懐なんざ、ありえねえんだよ。
仏は、かならず滅後のために、なにかを残すのだ。
全部滅後のためだ。ま、お前のような三流信者には、永遠にわかんねえだろうけどな(笑)
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/392 《前のページ | 次のページ》
/392